RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
マンデリンや、トラジャ、おいしいものはごくわずかなんです。
泉の珈琲です。


マンデリン
トラジャ

おいしいものはごくごくわずかな生産量なんです。



インドネシアコーヒー生産は、
その90%をロブスタ種が占めていて、
残り10%のアラビカ種の中にも、
ハイブリッド種(アラビカ種ロブスタ種の交配種)
といわれるコーヒーが多く含まれています。


ロブスタ種はもちろんのこと、
とりあえずアラビカ種に分類されているハイブリッド種であっても、
ロブスタ種由来の重い香味と泥臭さが支配的です。


本来のインドネシア在来種
(昔からインドネシアで育てられていたアラビカ種
が、現在どの程度残っているのかは不明です。


これは、約100年ほど前に、
サビ病アラビカ種が壊滅的な打撃を受けたからで、
インドネシアでおいしいコーヒーを探そうとすると、
品種のチェックを欠かせません。


本来のインドネシア在来種系のコーヒーは、
ベルベットのような舌触りがあり、
クリームのような触感です。

ボディーが強いので、
フルシティー以上の深煎りがおすすめです。


おいしいマンデリン、飲みたいですね


コーヒー用語を説明するために、こんなページを作りました。

まだまだなんですけど、充実させたいと思っていますので、
よかったら見に来てくださいね。



それと、知りたいコーヒー用語があったら教えてくださいね。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫

JUGEMテーマ:グルメ


author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒー用語集, 18:21
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:21
-, -
Comment









Trackback
url: http://izumi-coffee.jugem.jp/trackback/92