RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ロブスタ種のコーヒーは私の店では扱ってないですが・・・
泉の珈琲です。


ロブスタ種コーヒーは私の店では扱ってないですが・・・

何ででしょうか?


ロブスタ種は、
アフリカのコンゴで発見された品種で、
標高1,000m以下の高温多湿の低地でも栽培ができ、
コーヒー生産量の30%程度を占めています。


成長が早く、
アラビカ種に比べ病害に強く、
果実が多く実るので、
生産性が高い(収穫量の多い)品種です。


アフリカやアジアなどで
アラビカ種が栽培しにくい地域が産地になっています。


ベトナム、タイ、インドネシア、インドなどのアジア諸国、

コートジボアール、カメルーン、ウガンダ、マダガスカルなどの
アフリカ諸国のほか、

ブラジルなどが代表的な産地です。


ロブスタ種の香味は、

酸が少なく、泥臭い風味もあります。


抽出の際、
水溶性成分やカフェインが多く、
かつ低価格のため、

インスタントコーヒー
コーヒーコーヒー飲料などの加工品、
安価なレギュラーコーヒーなどの主原料になっています。


コーヒー用語を説明するために、こんなページを作りました。

まだまだなんですけど、充実させたいと思っていますので、
よかったら見に来てくださいね。



それと、知りたいコーヒー用語があったら教えてくださいね。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
JUGEMテーマ:グルメ


author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒー用語集, 17:54
comments(0), trackbacks(2)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:54
-, -
Comment









Trackback
url: http://izumi-coffee.jugem.jp/trackback/88
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2008/06/30 11:37 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2008/06/29 8:18 PM