RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
アラビカ種のコーヒーはどんなコーヒー?
泉の珈琲です。


アラビカ種コーヒーはどんなコーヒー


アラビカ種の原産はアフリカのエチオピアで、
対岸のアラビア半島を経て世界中に広まったといわれています。

現在ではコーヒー生産量の70%程度を占めています。

標高1,000〜2,000mの高地での栽培に適しているようです。

樹木は4〜5mに伸びますので、
収穫しやすい高さにカットする必要があります。


高地栽培で手間がかかり、
乾燥、霜、病害虫などに弱く、
大量栽培が難しい品種となります。

在来種(ある地方だけに長年栽培され、
    他地方の品種と交配されたことのない品種)は、
ティピカ種とその突然変異の種ブルボン種ですが、
生産性が低い(収穫量が少ない)ため、
品種改良される傾向にあるようです。

その他カツーラ種、カツアイ種など、様々な品種があります。


ブラジルの高原地帯、中米の高地、南米のアンデス山脈周辺、
スマトラの高原、東アフリカ諸国などが代表的な産地です。


アラビカ種の香味には、酸があり、繊細な香味です。

品種、気候、土壌などにより微妙な香味の違いがあり、
主に高品質のレギュラーコーヒー
 (インスタントコーヒーや缶コーヒーと違い、
  豆を挽いて淹れるコーヒーのこと)
として提供されます。


コーヒー用語を説明するために、こんなページを作りました。

まだまだなんですけど、充実させたいと思っていますので、
よかったら見に来てくださいね。



それと、知りたいコーヒー用語があったら教えてくださいね。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒー用語集, 18:18
comments(1), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:18
-, -
Comment
ショートコメント
キーE璽, 2008/08/05 3:43 AM









Trackback
url: http://izumi-coffee.jugem.jp/trackback/87