RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【珈琲感動】コーヒー初めてものがたり1
JUGEMテーマ:グルメ 
 
◆泉の珈琲【しみじみ珈琲クラブ】
   http://www.izumi-coffee.jp


こんにちは! 泉の珈琲のコーヒーマイスター 泉 晴夫です。

「おいしいコーヒーに出会うために」、

略して【珈琲感動】です。



さて、本日のテーマは
────────────────────────

コーヒー初めてものがたり1

────────────────────────
です。


●コーヒー初めてものがたり1


あなたは、何事にもはじめての時があると思いませんか?


コーヒーはいつ頃から、

どういう風に人が口にすようになったんでしょうか。


民間の伝説なので、ホントかどうかは分かりません。


13世紀の頃、モカというところに、

ハジ・オマールという托鉢修行僧がいました。


オマールは、ある事件に巻き込まれて、

人々の反感を買ってしまいました。


そして、オマールは人々にモカの町を追い出され、

砂漠に追いやられてしまいました。


わずかな水しか持っていなかったオマールは、

何日も砂漠をさまよったあげくに、

低い木に実る小さな果実を見つけました。


そのままでは、とても苦くて固くて食べられません。


火にあぶってみましたが、やっぱり固くて食べられません。


そこで、柔らかくしようと水につけてみましたが、

水に色が付いただけで、やっぱり固くて食べられません。


せめて、豆からしみ出した栄養分をとりたいと、

その水を飲んでみました。


すると、驚いたことに、

気力がぐんぐんとわき出して、

気分がさわやかになりました。


そして、オマールがモカの町に戻ってみますと、

人々は、オマールが生き延びていることに、

たいそう驚きました。


その生きる元となった飲み物は、

その後、イスラムの秘薬として重用されたということです。


モカの町は、現在のイエメンにあり、

コーヒーの積出港として、大いに栄えたようですが、

今は廃港となり、見る影もないそうです。


泉の珈琲にも遊びに来てくださいね。

http://www.izumi-coffee.jp/


コーヒー楽しんでくださいね。



次回は、「コーヒー豆の原種」について

詳しくお伝えします。


一緒に頑張りましょう !(^^)!



編集後記


コーヒー初めてものがたり1は、いかがでしたでしょうか?


今日はちょっと余談になりました。


初めてものがたり1ということは、2もあるさ〜、ということで、

いずれ紹介させていただきたいと思います。


コーヒー、楽しんでくださいね♪


「おいしいコーヒーに出会うために」、略して【珈琲感動】

登録はこちらから

http://www.izumi-coffee.jp/html/newpage.html?code=9

author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒー, 15:05
comments(0), trackbacks(4)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:05
-, -
Comment









Trackback
url: http://izumi-coffee.jugem.jp/trackback/110
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/09/24 1:17 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/09/19 9:54 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/09/13 7:01 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/09/13 5:13 PM