RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【珈琲感動】焙煎度合いによるコーヒーの表情
JUGEMテーマ:グルメ
 
 
◆泉の珈琲【しみじみ珈琲クラブ】
   http://www.izumi-coffee.jp

こんにちは! 泉の珈琲のコーヒーマイスター 泉 晴夫です。
「おいしいコーヒーに出会うために」、
略して【珈琲感動】です。
 
さて、本日のテーマは
────────────────────────
焙煎度合いによるコーヒーの表情
────────────────────────
です。

●焙煎度合いによるコーヒーの表情

あなたは、焙煎度合いってご存じですか?

コーヒーの豆は焙煎しなければ、
淹れることはできないって前回で分かりましたよね。

この焙煎をどの段階で煎り止めるかというのが焙煎度合いなんです。

同じ豆でも焙煎度合いによってさまざまな表情を見せてくれます。

一般的に言えば、煎りが浅いほど酸味が強く、
深煎りになるほど酸味が消えて苦みとこくが出てきます。

焙煎度合いは8段階に分けられます。
 ライトロースト(浅煎り)
 シナモンロースト(浅煎り)
 ミディアムロースト(中煎り)
 ハイロースト(中煎り)
 シティロースト(中煎り)
 フルシティーロースト(深煎り)
 フレンチロースト(極深煎り)
 イタリアンロースト(極深煎り)
となりますが、
ライトロースト、シナモンローストはおすすめしません。
まだ生臭さが残ってちょっと飲みにくいと思います。

ミディアムロースト、ハイローストは、
爽やかな酸味を味わうのに適しています。
シティーローストは酸味が弱くなり、
といって苦みも強くないので飲みやすいです。
フルシティーローストは、
一番コーヒーらしいコーヒーといえるかもしれません。
フレンチローストはアイスコーヒーやカフェオレによく合います。
イタリアンはエスプレッソに適しています。

だけど、焙煎度合いを選べるお店ってとても少ないです。

その理由は、
焙煎度合いをバラバラに注文されると、
それぞれ別々に焙煎しなくちゃいけないんで、
効率が悪くなってしまいます。

あ、泉の珈琲では焙煎度合いを選べますよ。
   http://www.izumi-coffee.jp
あなたのお好みに合わせるのが一番だと思いますから。

だけど、あなたに選んでいただくとどれを選んでいいのか分からない、
ということがよくあるので、
お店にお任せ、っていうのも用意してあります。
これは、私の好みで焙煎いたします、
ということですので、ご承知ください。

泉の珈琲にも遊びに来てくださいね。

次回は、「コーヒー初めてものがたり1」について
詳しくお伝えします。

一緒に頑張りましょう !(^^)!
 
編集後記

焙煎度合いによるコーヒーの表情は分かりましたでしょうか。

あなたの好みの焙煎度合いが一番大事です。
 
コーヒー、楽しんでくださいね♪

このメルマガ
「おいしいコーヒーに出会うために」、略して【珈琲感動】
登録はこちらから
 
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒー, 15:06
comments(0), trackbacks(2)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:06
-, -
Comment









Trackback
url: http://izumi-coffee.jugem.jp/trackback/109
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/09/06 8:19 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/09/06 4:29 PM