RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【珈琲感動】3たての1つ、挽きたてのコーヒー豆
JUGEMテーマ:グルメ


こんにちは! 泉の珈琲のコーヒーマイスター 泉 晴夫です。

「おいしいコーヒーに出会うために」、

略して【珈琲感動】です。

 

さて、本日のテーマは
────────────────────────

3たての1つ、挽きたてのコーヒー豆

────────────────────────
です。


●3たての1つ、挽きたてのコーヒー豆


あなたは、コーヒー豆を購入するときって挽いてもらいますか?


それとも、挽いた豆を買ってきますか?


コーヒーを楽しむためには豆を挽かなければなりません。


でも、コーヒー豆を挽くのって、面倒だし、なかなか大変ですよね。

 

ですから、安直にコーヒーを楽しみたいとき、

挽いた豆を買ってくれば、すぐに淹れることができます。


便利ですよね。


ちょっ、ちょっ、ちょっとまってください。


このメルマガの大テーマは、おいしいコーヒーに出会うために、です。


挽いた豆では味わえない、挽きたてならではを考えます。


コーヒー豆を挽くということは、コーヒー豆を粉砕するということ。


コーヒー豆には、コーヒーの香り成分、コーヒーの味わい成分がぎっしりと詰め込まれています。

これらの成分は、大半が揮発性で豆の中に閉じこめられています。


コーヒー豆を粉砕するということは、これらの成分が急激に失われてしまうことになります。


さらにいうと、コーヒーは豆のままに比べて、

粉にすると、その表面積がとてつもなく大きくなってしまいます。


これは、コーヒー劣化の原因となる湿気や酸素にさらすことにもなるのです。


コーヒーの賞味期限は、

焙煎してから、豆のままなら2週間、挽いてしまったら1週間以内といわれます。


賞味期限の話は、また別の機会にもしたいと思いますが・・・


コーヒーを豆のままで買ってきたら、

コーヒーミルを用意する必要がありますし、

コーヒーを淹れる直前にその都度挽く必要がある、という面倒もありますが、

これもコーヒーの楽しみになればと思います。


コーヒーを挽くときにはとても良い香りも楽しめます。


泉の珈琲にも遊びに来てくださいね。

http://www.izumi-coffee.jp/

 

次回は、「3たての1つ、煎りたてのコーヒー豆」について

詳しくお伝えします。


一緒に頑張りましょう !(^^)!

 

編集後記


挽きたては一見面倒そうに見えますが

その面倒をかけてもあまりあるコーヒーの楽しみが増えます。

是非、毎回コーヒーの豆を挽く楽しみを味わってくださいね。


コーヒー、楽しんでくださいね♪


 

author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒー, 15:10
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:10
-, -
Comment









Trackback
url: http://izumi-coffee.jugem.jp/trackback/105