RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
コーヒーってクスリなの?
泉の珈琲です。


コーヒーには、秘められた力があるといわれます。


豆を煎って、その抽出液を飲むという現在と同じような方法で
コーヒーが飲まれるようになったのは15世紀の後半頃のことです。


現在のエチオピア・イエメンあたりの地域に、
当時アビシニアと呼ばれるイスラム国家がありました。

はじめに飲用したのは、
アビシニアのイスラム僧侶たちだったといわれています。

コーヒーは当初からその薬効が注目されており、
眠気覚ましや活力を生み出す秘薬ととして愛飲されていました。

長時間、夜通しでアラーへの祈りを捧げる
イスラムの僧侶たちにとって、格好の飲み物だったわけです。


日本では、
江戸時代の後期にオランダからコーヒーが伝えられたときも、
その薬効が注目されていたようです。

コーヒーの健胃作用や、利尿作用、
覚醒作用について書かれた当時の医学書が残されています。


コーヒーは古くからその薬効が注目され、
古今東西で愛飲されてきたわけですが、
現代では、科学的な研究が進み、
様々なことが明らかになってきています。

数十年前までは、
コーヒーを飲むとガンになる。」
コーヒーには中毒性がある。」
などといわれ、
ネガティブなイメージが先行している感がありましたが、

現在ではむしろ、
健康を維持するための食品としてみられるようになっています。

たとえば、ガンについていえば、
直腸ガンや胃ガン、食道ガンなどの予防に
効果があるという報告が多数されています。

また、中毒性については、WHO(世界保健機関)が、
コーヒーおよびカフェインを中毒物からはずしています。


健康的な生活のために、コーヒーを楽しみましょうね。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
JUGEMテーマ:グルメ


author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 17:04
comments(0), trackbacks(4)
がんとコーヒーの気になる関係 (その6)
泉の珈琲です。

東京農工大学大学院共生化学技術研究部生命農学部門
 矢ケ崎一三教授らの研究より

とここで終わりました。

今回は、その続きです。

東京農工大学大学院共生化学技術研究部生命農学部門
 矢ケ崎一三教授らの研究より

 がんは「増殖浸潤転移」という段階を経て進行していきます。

 これをうけ、コーヒーの成分であるクロロゲン酸
 肝がん細胞浸潤を抑制することをラット由来の
 培養細胞の実験によって確かめています。


いかがでした。

いろんな研究者が、
いろんな角度から、
がんコーヒーの関係について報告されています。

だけど、コーヒークスリではありません。

過度な期待はしないで下さいね。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 09:39
comments(0), trackbacks(0)
がんとコーヒーの気になる関係 (その5)
泉の珈琲です。

愛知がんセンター研究所疫学・予防部の田島和雄部長らの研究より

とここで終わりました。

今回は、その続きです。

愛知がんセンター研究所疫学・予防部の田島和雄部長らの研究より

 1988年から、
 病院を訪れたすべての患者さんを対象に行なった調査では、
 コーヒー1日3杯以上飲むグループは
 直腸がんの発生率が半減するという結果が得られました。

 また上部消化器がんに関してコーヒー
 予防効果が高いこともわかっています。

 がんにかかる確率を1とすると、
 男性では食道がんのリスクが0.65に、
 女性では胃がんのリスクが0.72に下がります。


東京農工大学大学院共生化学技術研究部生命農学部門
 矢ケ崎一三教授らの研究より



と、今回この辺で。

次回続きます。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 14:43
comments(0), trackbacks(1)
がんとコーヒーの気になる関係 (その4)
泉の珈琲です。

国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部
 津金昌一郎室長らの研究より

とここで終わりました。

今回は、その続きです。

国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部
 津金昌一郎室長らの研究より

 約10年間にわたる
 40〜60歳代の男女約9万人の追跡調査によると、
 コーヒーを毎日飲むグループの肺がんにかかるリスクは、
 ほとんど飲まないグループの約半分に抑えられることがわかりました。

 さらに1日5杯以上飲むグループのリスクは、
 ほとんど飲まないグループの約4分の1であるという
 結果を得ています。


愛知がんセンター研究所疫学・予防部の田島和雄部長らの研究より


と、今回この辺で。

次回続きます。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 09:28
comments(0), trackbacks(0)
がんとコーヒーの気になる関係 (その3)
泉の珈琲です。

岐阜大学大学院医学研究科腫瘍病理学講座森秀樹教授らの研究より

とここで終わりました。

今回は、その続きです。

岐阜大学大学院医学研究科腫瘍病理学講座森秀樹教授らの研究より

 ハムスター発がん物質だけを与えた場合と、
 発がん物質クロロゲン酸いっしょに与えた場合について、
 大腸がん発生率調査

 発がん物質のみはその40%大腸がんが発生したのに対し、
 クロロゲン酸いっしょに与えたハムスターには
 がん発生見られませんでした。

 なんと0%です。

 肝臓がん原因になる別の発がん物質
 人間が飲むよりも薄めコーヒー
 ラットに与えた実験も行われましたが、
 この場合も、
 78%がん発生率22%まで抑える結果が得られています。


国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部
 津金昌一郎室長らの研究より

と、今回この辺で。

次回続きます。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 17:02
comments(0), trackbacks(0)
がんとコーヒーの気になる関係 (その2)
泉の珈琲です。

そこで調べてみると、このような情報がありました。

がん原因コーヒー関係

とここで終わりました。

今回は、その続きです。

がん原因コーヒー関係

 人間の体を構成する細胞には脂質脂肪)が多く含まれ、
 これが酸素と結びつき酸化してしまいます。

 人間サビ付きといわれる現象です。

 脂質酸化してできた「過酸化脂質」は、
 フリーラジカルという物質を発生し、
 これがDNAに影響を与え、突然変異のきっかけを作って、
 老化がん原因になると考えられています。

 コーヒーには強い抗酸化作用を持つ「クロロゲン酸」等の
 ポリフェノールが含まれており、
 脂質酸化抑える働きがあることが分かってきました。


和歌山県立医科大学化学教室(当時)の岩橋秀夫教授らの研究より

 実験により、コーヒーに含まれるクロロゲン酸
 フリーラジカル生成阻害するという仕組みが明らかになりました。

 酸化予防フリーラジカル生成阻害という二重の防御壁で、
 コーヒーがんを防ぐ可能性があります。


岐阜大学大学院医学研究科腫瘍病理学講座森秀樹教授らの研究より

と、今回この辺で。

次回続きます。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 13:12
comments(0), trackbacks(4)
がんとコーヒーの気になる関係 (その1)
泉の珈琲です。

あるお客様からご質問いただきました。

コーヒーを飲んでいるとがんになりにくいって本当なの?」

とても気になるところではありますよね。

そこで調べてみると、このような情報がありました。


がん原因コーヒー関係


について、次回続きます。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 17:13
comments(0), trackbacks(0)
コーヒーは胃に悪い? (その3)
泉の珈琲です。

ならばどうすればいいかということですが、
と、突然いわれても困る方は、昨日日記から読んでみてくださいね。
単純食後コーヒー飲めばいいということになります。

食後コーヒー飲めば
胃酸分泌活発になり、消化助けてくれます。

さらに
食物消化吸収したエネルギー代謝活発になり、
運動能力向上や、ダイエット効果期待できます。

空腹時コーヒー飲みたくなったときには、
動物性クリームを使ったり、
カフェ・オ・レにしたりするといいと思います。

クラッカーカステラなどの使わないお菓子一緒に食べると、
胃の中コーヒー吸い取ってくれるので、
粘膜刺激やわらげ胃壁保護してくれます。

コーヒー上手付き合いましょうね。


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 14:38
comments(0), trackbacks(13)
コーヒーは胃に悪い? (その2)
泉の珈琲です。

今日は、昨日続きお話です。

ところであなたは、
コーヒー悪い感じられたことはないでしょうか?

あるいは、コーヒー飲むと、
荒れるという気がしたことはないでしょうか?

というところからでしたよね。

これは、コーヒーに含まれる成分が、
胃酸分泌高めるはたらきがあり、
粘膜刺激するからなんです。

コーヒー飲む量と、胃酸分泌量には、
明らかな相関関係があることが科学的証明されています。

この成分は、カフェインであると考えられてきましたが、
カフェインレスコーヒーでも同様傾向が認められ、
クロロゲン酸作用ではないかと推測されています。

ならばどうすればいいかということですが、

というところで、次回お楽しみに♪


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 19:05
comments(0), trackbacks(2)
コーヒーは胃に悪い? (その1)
泉の珈琲です。

コーヒー飲用歴史をひもといてみると、
最初クスリとして飲み始められたという経緯があります。

コーヒー効用をよく理解して、
より健康的飲み方をしたいと思いますし、
健康だからこそ、コーヒーおいしく飲めるというもの、
コーヒー健康バロメーターといえると思います。

ところであなたは、
コーヒー悪いと感じられたことはないでしょうか?

あるいは、コーヒー飲むと、
荒れるという気がしたことはないでしょうか?

この続き次回で!


コーヒー楽しんでくださいね。



これがうわさの泉の珈琲♪

泉の珈琲 焙煎士 泉 晴夫
author:泉の珈琲の泉です, category:コーヒーと健康, 16:18
comments(0), trackbacks(9)